酵素ドリンクと栄養素を分析

酵素水を毎日のんで食生活の一部にとりいれることがどれほど効率のよい健康方法かをまとめます。酵素の売れ筋商品と私が良いと思っている酵素もついでに紹介していきましょう。

酵素ドリンクに含まれる栄養素分析

酵素ドリンクには酵素が含まれているから良いと思っていますか?たしかに酵素とよばれるものは入っていますが、そもそも酵素って何?を理解していますでしょうか。

酵素業界のお偉いさん達がいうには酵素とは、人間が生まれてから生きるために消費している新たな栄養素であり、人間は酵素を体で作り上げることができない。だから酵素を取り入れて消化の手伝いをしてあげることが若さの秘訣。要約するとこんなところ。

酵素は地球上に10万100万もの種類があるとされている。海の海藻、魚、肉、野菜、野草、フルーツ等など数は豊富で、その中のほとんどが熱などに弱いとされています。融点はおよそ平均的に60度くらいでしょうか。

生で食べることができないから壊れてしまい意味が無いというのもあるようです。

この考え方って何かに似ているんですが気づきますか?ビタミンです。ビタミンにも種類があって水溶性ビタミンは熱に弱く野菜にも含まれているのですが基本生で食べないとビタミンが壊れてしまうと言われていますよね。なんだか栄養って基本熱を加えないほうが良いものばかり。人間が火を開発してしまってから実は何かが不幸になっているのかもしれませんね。私はなるべく生で食中毒などの心配が無いものなら生で食べるようにしています。

ちなみに酵素の理論は、まだ科学的にはそのとおりと証明されてはおらず、仮説の段階になります。だから効果を求めて酵素ドリンクを買ったとしてもただ飲むだけで痩せるという期待は過剰にしないほうがよいです。実際に飲むだけで痩せた人は少ないのです。

ではなぜ酵素ドリンクをおすすめするのか。それは酵素ドリンクに含まれる栄養素が素晴らしいと考えるため。酵素ダイエット人気ランキングでいつも上位に来ているゆうこうせんという商品を例にあげてみましょう。

優光選の主な原材料は大根を中心にキャベツ、人参、などの野菜が中心。私が見て感じたのは日本人が慣れ親しんだ野菜を中心に使っている気がします。慣れ親しんだと言っても昭和の古き良き時代の人達が毎晩ちゃぶ台を囲んで食べた和食のお供の野菜という意味です。

また、野菜といっても作られる土地によって質はだいぶ変わってきます。優光選の場合は九州産野菜中心で契約農家等があり、一つ一つの原材料の仕入れ先を開示しているところは好感が持てます。

これらを発酵させ熟成させることによりコップ一杯でバケツいっぱいほどの野菜と同じくらいの栄養素がとれるというから驚きです。

個人的には優光選が酵素ドリンクの中では一番かと考えていますが、人気ランキング上位に食い込んできている商品もなかなかのものです。いくつか紹介していきましょう。

酵素ダイエットで女性に人気のベルタ酵素

ベルタ酵素は女性に人気のプラセンタエキスなどを一緒にした酵素ドリンクで売上でいうと上位に食い込んでいる商品。

楽天などのダイエットランキングでもいつも上位にいるので以下に通年通して指示されているかがわかります。

美容成分だけで他は適当なんじゃないの?私も最初そう思っていました。成分表をみると面白いの。成分表って含有量が多い順に並べるのが普通なのですが、プラセンタ、ヒアルロン酸、ザクロ、と美容成分が最初にならんでいます。

高級食材の高麗ニンジンやうれしいハチミツ、普段食べることのできないカキの葉など成分に使っている食材が多いだけでなく貴重な物ばかり。

栄養もしっかりとれて、美容成分がたっぷりというのは酵素ドリンクの中でもベルタ酵素だけといっていいかもしれません。

メーカーは酵素の数がNO1と歌っています。人によってはうーん酵素の数が多くても。。。と受け取る方もいるでしょう。最初に話した通り、酵素の数は数十万あるといわれているので。しかし、酵素が多いという事は原材料が多いということであってビタミンとか普段食べることのできない食材の栄養素を摂る事が出来るということなのでプラスしかないといえます。